ふくろう絵本屋

福井美佳です。私の作品を紹介します。

封筒「てるてるぼうず」

雨の季節になりましたね。

f:id:fuku-rou:20200602044223j:plain

「てるてるぼうず」 MD封筒コットン、コピックマルチライナー/色鉛筆 88×178mm

封筒に色鉛筆で描きました。色鉛筆の塗りが、ぼんやりしちゃったのが残念です。アジサイの遠近感も描けませんでした。もう少し大きい紙の方が、人の顔も描きやすかったかもしれない、などと思います。人は難しいですね。

そういえば、てるてるぼうずを作ったことがありません。いっぱい作って、窓際に並べてみたい!いろいろな表情を描くのが楽しそうです。

アクリル絵具「平面化のエチュード」

こんがらがります。

f:id:fuku-rou:20200328192032j:plain

「平面化のエチュード」ホワイトワトソン、アクリル絵具/鉛筆、652 × 530mm

ひとつの静物を、二つの視点からみた二枚の絵を、一枚の画面に構成する「ダブルイメージ」の作品です。いやー、大変でした〜!まだ完成していませんけど ^^;; 用賀アトリエに行かなければ、こんな絵は一生描かなかったと思います。運命って不思議です。でも、セザンヌさんからキュビズムにいたる実験の最初のステップである、ダブルイメージに挑戦したのは意味のあることでした。二画面分のすべての輪郭線や稜線が交わるところについて、キワを極めて明暗を合わせました。面と線、空間表現と平面について、理解がすすんだように思います。一方、色面化は限定的にしかできず、形の単純化もできず、線もたくさん残ってしまい、平面化にはほど遠い点が残念です。絵が説明的になっちゃった気がします。中学の時に「セザンヌはすごい」が口癖の美術の先生がいらっしゃいましたが、ようやく実感できました。あんな風にさりげなく絵の中に多視点をいれちゃえるのって、やっぱりすごいです。

以下、簡単に手順を説明します。

1.視点を変えて2枚デッサンします

同じモチーフを二カ所から描きます。輪郭線と稜線を描き、軽く明暗をつけておきます。

f:id:fuku-rou:20200328220002j:plainf:id:fuku-rou:20200328220011j:plain

2.下地を塗って二枚のデッサンを写します

木製パネルに、ホワイトワトソン紙を水張りし、アクリル絵具(オーク系)を塗って下地を作ります。二枚のデッサンをそれぞれ拡大し、どのように重ねるか、構図を検討します。石膏と石膏、牛骨と牛骨が重なるように構図を決めました。邪魔になりそうなモチーフはいくつか省略します。それぞれのデッサンを拡大コピーし、裏に鉛筆を塗って、下地の上に重ね、ボールペンなどでなぞって、輪郭線と稜線を転写します。見やすいように、転写した鉛筆の線の上から、細い筆を使ってアクリル絵具で輪郭線と稜線を描きます。わかりやすいように、左のデッサンは緑系の絵具、右のデッサンは青系の絵具で描きました。

f:id:fuku-rou:20200328221900j:plain

3.線の両側を塗り分けます

すべての線の両側を、実際の明暗にあわせて塗り分けます。たとえば、以下の下絵の緑の線は、オレンジ色の布の上のウィスキーの瓶と青い本、青の線はオレンジ色の布の上の牛骨の鼻面を表しています。よって、緑の線のまわりはウィスキーの瓶や本と布の境界を表すように描き、青の線のまわりには牛骨やオレンジ色の布との境界や布の明暗を描きます。緑の線と青い線が交差している部分は、二つの絵がゆるやかに切り替わるようにグラデーション(「片ぼかし」ともいいます)でつなぎます。また、私はうまくできませんでしたが、実際の色にこだわらず、第一のデッサンでも第二のデッサンでもない、第三の色を使って着彩してもおもしろくなります。グラデーションのつなぎ方が難しいです。以下の青い本のように、面積が狭すぎると、線ばかりが目立って透明の入れ物のようになってしまいます。遠くに離れてゆっくり確認しながら、試行錯誤で色をつけていきます。

f:id:fuku-rou:20200328224054j:plainf:id:fuku-rou:20200328224104j:plain

なかなか大変です。果てしないです。考えた人たちは偉いです!

この絵と同じ手法で作られた絵3枚も含めて、世田谷美術館 区民ギャラリーAで日曜日の16:30まで展示しております。これまで、ご来場くださったみなさま、ありがとうございます。明日は天候が崩れるようです。みなさま、体調に気をつけてくださいませ。

アクリル絵具「フラクタルのエチュード」

絵具を流して模様を作ります。

f:id:fuku-rou:20200326212029j:plain

フラクタルエチュード」アクリル用キャンバス、アクリル絵具/メディウム、333 × 242mm

アクリル絵具をキャンバスの上に流して、偶発的にできる形状を活かし、筆で加筆して静物を描きました。模様はきれいに出ましたが、石膏の形や明暗がうまく決まらなくて奮闘しました。

絵具をキャンバスに流すドリッピング、ポーリングなどの手法は、20世紀の抽象画家ポロックさんがはじめたそうです。その絵には、自然界によく見られるフラクタル(自己相似)性があると言われています。フラクタル性とは、波や海岸線や木の枝のように、遠くで見たときの大きな形と、近寄って見た細部の形が似ていることをいうようです。用賀アトリエの柴田先生は、90年代に、ドリッピングで得られた偶発的な形と、具象的な形を融合させた絵を描いていたそうです。私の絵の中に、フラクタル性がどの程度出ているかはわかりませんが、見ていて心地よい模様になっていればいいなと思います。

以下、手順を説明します。

1.木製パネルにキャンバスを貼ります

普通、油絵などで使うキャンバスは、枠のみの木枠に貼って使いますが、今回は、画面全体にやすりをかけるので、ベニヤ板に木枠のついた木製パネルを使います。アクリル用キャンバスの上に木枠をおいて、鉛筆で輪郭線を描きます。輪郭線のまわりに、(パネルの厚み)+(1.5~2cm)の幅の折しろをつけて、キャンバスをカットします。折り目をつけて、木製パネルに画鋲でとめます。

f:id:fuku-rou:20200327034202j:plain

キャンバスを木枠の裏側からキャンバス張り器で挟みながら、テコの原理で、鉛筆の輪郭線より1mm多く引っ張って、ガンタッカーでとめます。タッカーが浮かないように、両手でガンタッカーを押さえて。タッカーでとめる位置の順番は、長辺の中央、その向かい側の長辺の中央、次に短辺の中央とその向かい側、次に長辺の中央の両脇2カ所とその向かい側の2カ所、短辺の中央の両脇2カ所とその向かい側の2カ所、、と対角線状にとめていき、最後に角をとめます。二人で作業すると楽です。

f:id:fuku-rou:20200327035526j:plain

余ったキャンバスを裏に折り込んで、ぐるっとタッカーでとめます。(タッカーがうまくとめられなくて浮いたり曲がったりしてしまいました)

f:id:fuku-rou:20200327035807j:plain

2.下地を塗ります

ジェッソ1+モデリングペースト1+ジェルメディウム1+水1の割合で下地剤を混ぜ、さらに、黒いアクリル絵具を少し入れます。

f:id:fuku-rou:20200327040434j:plain

よく混ぜて、少し粘り気のある灰色の下地剤を作ります。

f:id:fuku-rou:20200327040558j:plain

キャンバスを布で拭いたあと、刷毛で下地を塗ります。最初に、十字に塗ったあと、全体に塗ります。

f:id:fuku-rou:20200327040851j:plain

表を塗ったら、脇にも塗ります。

f:id:fuku-rou:20200327041156j:plain

乾燥させます。新聞紙の上に画鋲を上向きにおいて、その上にキャンバスを載せると、下地が新聞紙に張り付くのを防げます。

3.最下層の黒を塗ります

下地が乾いたら、黒いアクリル絵具を水でといて刷毛にとり、下地が隠れるように刷毛で塗ります。凹凸が残らないようにていねいに3回塗ります。脇にも塗って、新聞紙の上に画鋲を置いて、再度、乾燥させます。

4.ドリッピングします

プラスティックカップに、アクリル絵具2+ポーリングメディウム2+グロスポリマーメディウム1+水1を混ぜます。あまり水を多くすると、周りの色と混ざって模様が出にくくなるので注意してください。3−4色用意します。

f:id:fuku-rou:20200327043458j:plain

キャンバスの上に、たらします。

f:id:fuku-rou:20200327043713j:plain

かたむけたり、色を足したり、ちらしたりして、模様を作ります。これは先生のデモンストレーションです。

f:id:fuku-rou:20200327043906j:plain

私のは、以下のような感じになりました。脇にも流して模様をつけました。新聞紙の上に画鋲をおいて、乾燥させます。

f:id:fuku-rou:20200327044056j:plain

乾いたら、こうなりました。ポーリングメディウムを混ぜてはいますが、乾くまでの間に少しずつ、色が混ざって模様が変わったりします。

f:id:fuku-rou:20200327044727j:plain

5.グレーズします

模様の上から、ドリッピングした色とは違う濃いめの色を選んで、塗ります。アクリル絵具とグレージングメディウムを混ぜ、刷毛で表面の凹凸がなくなるように塗ります。以下は、先生が赤を塗ったところです。

f:id:fuku-rou:20200327045911j:plain

私は紫を塗りました。

f:id:fuku-rou:20200327050215j:plain

2回塗って、乾燥させました。

f:id:fuku-rou:20200327050242j:plain

6.ヤスリで削ります

400番か240番の耐水性ヤスリに水をつけて擦ります。

f:id:fuku-rou:20200327050813j:plain

水をつけたティッシュなどで拭き取りながらヤスリをかけると、模様がみえてきます。

f:id:fuku-rou:20200327051005j:plain

表面の凹凸がなくなり、きれいな模様が出るまで根気よくヤスリをかけます。下地の上に塗った黒いアクリル絵具の層が見えたら、それ以上は削らないようにします。多く削りたい場合は、もっと粗めのヤスリからはじめて、細かいヤスリで仕上げます。

7.下絵を用意します

今回は、石膏を中心としたモチーフを描きました。

f:id:fuku-rou:20200327051145j:plain

8.下絵をうつします

下絵をコピーして、念紙などをはさんでキャンバスに写します。アクリル絵具で輪郭線と稜線を描き、画面の明るいところに模様が消えない程度に薄く色をつけます。(稜線とは、明暗が急に変わるところにできる線です。たとえば、以下の絵では、リンゴの光があたって明るい面と暗い面や、石膏の鼻の明るい面と暗い面の間、頬の明るい面と暗い面の間、首や台座の角張ったところに稜線を描きました)

f:id:fuku-rou:20200327051824j:plain

9.明暗をつけます

アクリル絵具で、模様を極力残しながら、明暗をあわせていきます。明るくしたいのに暗い色の模様が入っていて違和感のあるところは、暗い模様の部分を明るい色で塗ります。逆に、暗いはずなのに明るい色の模様が入っているところには、暗い色を入れます。同じ明暗の領域を一色で塗りつぶすと、模様が消えてつまらなくなってしまうので、気をつけます。たとえば、明るくしたい部分に紺と赤の模様が入っているときは、紺は水色に、赤はピンクに塗り替えると、模様を残したまま明るくすることができます。細かい模様を塗り分けるときは、細い筆を使います。

以下は、目と鼻のところを拡大した部分です。鼻や額に模様が入っていて、明暗がわかりにくくなっています。

f:id:fuku-rou:20200327054653j:plain

鼻や額で、暗い模様がはいっているところは、同じ明暗になるように別の色を塗り加えていきます。細かい模様が消えてしまっちゃいましたが、おおまかな模様はできるだけ残しました。同じ明暗の色を作るのが難しく、下も額のピンクと緑の明暗が違いますね。

f:id:fuku-rou:20200327054706j:plain

全部、正確に塗り替える必要はなく、模様をそのまま残すところがあってもいいようです。どこを残して、どこの明暗を調整するかを考えて手を入れます。私は、石膏の頭やリンゴや金属のポットの模様は、あまり手をつけずに残しました。

タイトルは「フラクタルエチュード」としましたが、明暗をあわせる練習になりました!

この絵と同じ手法で作られた絵16枚も含めて、世田谷美術館 区民ギャラリーAで日曜日の16:30まで展示しております。ご来場くださったみなさま、ありがとうございます。みなさま、体調に気をつけてくださいませ。

アクリル+パステル「午後4時の音楽会」

誰が演奏するのかな?

f:id:fuku-rou:20200326191023j:plain

「午後4時の音楽会」 ホワイトワトソン、アクリル絵具/パステル/鉛筆、606×727mm

音楽会のポスターの原画にするつもりで作りました。小鳥やリスもいるのですが、わかりますか?この絵は、F20号の木製パネルにホワイトワトソン紙を水張りして、下絵を鉛筆で写し、アクリル絵具で着彩したあと、明るい部分(動物の毛皮や木の幹の明るいところなど)にパステルを重ねました。アクリルとパステルの併用を活かすため、画面を全部パステルで覆ってしまわないように気をつけました。仕上げはアクリル絵具で暗い部分を引き締めました。遠景、中景、近景の差がついているといいのですが、、、。

なぜ椅子を描かないのか、と聞かれたのですが、自分でもよくわかりません。椅子があると、弾かなくちゃいけない!と思って緊張するせいかな?いろいろな体型の動物が、自分にあった椅子を持ってきて、私の代わりに演奏してくれるとうれしいですね。

この絵も含めて、世田谷美術館 区民ギャラリーAで日曜日の16:30まで展示しております。ご来場くださったみなさま、ありがとうございます。みなさま、くれぐれも体調に気をつけてくださいませ。

世田谷美術館 区民ギャラリーAで3月29日まで展示します

昨日から3月29日(日)まで、世田谷美術館 区民ギャラリーAに展示させていただきます。

f:id:fuku-rou:20200325210503j:plain

用賀アトリエ展

2020年3月24日(火)-29日(日)10-18時(初日14時より、最終日16時半まで)

世田谷美術館 区民ギャラリーA   〒157-0075 世田谷区砧公園1-2

 アクセス  https://www.setagayaartmuseum.or.jp/guide/access/

去年にひきつづき、絵画教室用賀アトリエの受講生の展覧会に参加しました。

私は5点展示しております。以下の写真の右端の、ピアノと動物の絵「午後4時の音楽会」と、

f:id:fuku-rou:20200325214110j:plain

以下の平面化構成の右端の、カラスと石膏の「平面化のエチュード」と、

f:id:fuku-rou:20200325214425j:plain

以下のフラクタル絵画のうち、矢印でさした「フラクタルのエチュード」と、

f:id:fuku-rou:20200325215123j:plain

以下の写真右端の、裸婦と白い鳥のパステル画と、

f:id:fuku-rou:20200325215512j:plain

以下の写真右のパステル画「夏の果実」(当ブログで紹介済)です。

f:id:fuku-rou:20200325215920j:plain

2年間、用賀アトリエに週二日ほど通って、絵画の基礎を学びました。特にこの1年は、画面構成や明暗の調整によって画面の中に空間を作り上げる方法と、パステルの使い方を学びました。課題をやる前は難しくて無理!と思うのですが、学ぶべき点が明確になっており、じっくり考えながら挑戦するうち、少しずつ目が鍛えられてきたように思います。良い絵本の制作に役立てたい、と思ってます。どんな疑問にも優しく答えて下さる先生方と、真面目で熱心な同級生のみなさんに感謝しております。

時節柄、お誘いはいたしませんが、展示作品の写真を掲載しますので、雰囲気を感じていただければと思います。


以下は、週二日コースのみなさんの作品です。一年間さまざまな課題に沿って描いてきた作品の中から、各自、数点ずつ選んで展示しました。去年とは別人のように変わっちゃった方も多くて、驚いてしまいました。みなさんの努力に頭が下がります〜〜。

f:id:fuku-rou:20200325223508j:plain

f:id:fuku-rou:20200325223530j:plain

f:id:fuku-rou:20200325223605j:plain

f:id:fuku-rou:20200326193028j:plain

f:id:fuku-rou:20200326193554j:plain

f:id:fuku-rou:20200326193751j:plain

f:id:fuku-rou:20200325223647j:plain

f:id:fuku-rou:20200325223657j:plain

f:id:fuku-rou:20200326194058j:plain

f:id:fuku-rou:20200326194241j:plain

f:id:fuku-rou:20200326194532j:plain

f:id:fuku-rou:20200326194735j:plain

f:id:fuku-rou:20200326194851j:plain

f:id:fuku-rou:20200326195002j:plain

f:id:fuku-rou:20200326195114j:plain

f:id:fuku-rou:20200326195330j:plain

f:id:fuku-rou:20200326195441j:plain

 

以下は、週1回、もしくは月2回のレギュラーコースのみなさんの作品です。同じモチーフでも、鉛筆、木炭、油彩、水彩、パステル、色鉛筆など画材も視点もさまざまで、見ていてあきません。

f:id:fuku-rou:20200325225826j:plain

f:id:fuku-rou:20200325225841j:plain

f:id:fuku-rou:20200325225850j:plain

f:id:fuku-rou:20200325225857j:plain

f:id:fuku-rou:20200325225904j:plain

f:id:fuku-rou:20200325225910j:plain

f:id:fuku-rou:20200325225916j:plain

f:id:fuku-rou:20200325225933j:plain

f:id:fuku-rou:20200325225941j:plain

f:id:fuku-rou:20200325225949j:plain

f:id:fuku-rou:20200325225957j:plain

f:id:fuku-rou:20200325230004j:plain

f:id:fuku-rou:20200325230011j:plain

f:id:fuku-rou:20200325230018j:plain

f:id:fuku-rou:20200325230025j:plain

f:id:fuku-rou:20200325230037j:plain

以下、先生がたの作品です。

f:id:fuku-rou:20200325230042j:plain

f:id:fuku-rou:20200325230050j:plain

f:id:fuku-rou:20200325230056j:plain

 

シールステンシル+消しゴムハンコ「ふしぎなキャンディー屋さん」

絵本の読み聞かせの会で配った絵その4です。 

f:id:fuku-rou:20200218204417j:plain

「ふしぎなキャンディー屋さん」ホワイトワトソン、シールステンシル/消しゴムハンコ/スタンプ用インク 148×100mm

「ふしぎなキャンディー屋さん」(宮西達也さん作)を題材にさせていただきました。

シール用紙を、丸型のパンチで抜いて、ホワイトワトソン紙に貼ります。薄いピンクのスタンプインクをつけたローラーで、紙全体にうっすら色をつけます。丸型の消しゴムハンコを作って、いろいろな色のスタンプインクをつけて何カ所か押印します。オオカミの消しゴムハンコで、何カ所か押印します。シール用紙を豚型にくり抜いて、上から貼ります。豚型のシール用紙からはみ出している丸部分の上に、丸型のシールを貼って隠します。豚の目と鼻の穴の部分に、スタンプ台を直接押し付けて着彩します。小さなスタンプ台の角を使うとやりやすいです。

f:id:fuku-rou:20200219084225j:plain

 豚の鼻の部分の、シール用紙のみカッターで切って、はがします。

f:id:fuku-rou:20200219085448j:plain

赤いスタンプインクをローラーにつけて、シール用紙の上から、全体に着彩します。

f:id:fuku-rou:20200219085812j:plain

穴やシール用紙のキワは重点的に色をつけます。前足の部分に、茶色のスタンプ台を直接つけて、うっすらと影をつけます。右耳の下にもっと赤をつければよかったですね。

f:id:fuku-rou:20200219090040j:plain

シールをはがします。

f:id:fuku-rou:20200219090154j:plain

オオカミの消しゴムハンコに、紺色のスタンプインクをつけて、何カ所か押印して完成です。

 

シールステンシル+消しゴムハンコ「チョコラボンボンの実の木」

絵本の読み聞かせの会で配った絵その3です。 

f:id:fuku-rou:20200218204404j:plain

「チョコラボンボンの実の木」ホワイトワトソン、シールステンシル/消しゴムハンコ/スタンプ用インク 148×100mm

「ガブルくんとコウモリオニ」(高谷まちこさん作)より、チョコラボンボンの実の木を題材にさせていただきました。

オオカミと木の実の消しゴムハンコを作って、ホワイトワトソン紙に押印します。コピー用紙で、木の幹部分を切り抜いた型を作り、裏にスプレー糊をつけて貼ります。木の幹部分に、スタンプ用インクをつけて着彩します。コピー用紙で隠れている絵柄が、うっすら見えていますね。

f:id:fuku-rou:20200218214404j:plain

木の幹部分、全部に着彩します。

f:id:fuku-rou:20200218214421j:plain

シールをはがすと隠れていた木の実とオオカミの図案があらわれます。

f:id:fuku-rou:20200218214443j:plain

木の実の消しゴムハンコを少し押し足して、完成です。

f:id:fuku-rou:20200219082705j:plain

小さいハンコで、ちまちま押すのも楽しいですね!