ふくろう絵本屋

福井美佳です。私の作品を紹介します。

封筒「雪」

やっぱりコタツはいいですね。

f:id:fuku-rou:20190121091803j:plain

「雪」 MD封筒コットン、コピックマルチライナー/色鉛筆 88×178mm

封筒に簡単な絵を描きました。実は「雪」という文部省唱歌を題材にした絵のはずだったのですが、いろいろと不備がありました。まず、肝心の雪が降っているところが見えないし、山や野原や枯れ木や犬や猫もよく見えない!かまくらの中にコタツがある様子を描きたかったのですが、それもわかりりにくくなっちゃいました。かまくらの中にも軽く光源を設定すればよかったですね。いずれにせよ、もう少し大きな紙に描き直した方がよさそうです。

 

年賀状「2019 boars」

みなさまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

f:id:fuku-rou:20190107042722j:plain

「2019 boars」 アルシュ、鉛筆/水彩絵具/illustrator 260x180mm

鉛筆で輪郭を描いて水彩絵具で着彩した絵をスキャンして、illustratorで文字をいれました。イノシシのみの絵柄で二回描き直したのですが、どうもしっくりいかず、女の子が登場する絵柄で描き直しました。年賀状のメインに人間を登場させたのは、人生初かもしれません??やっぱり、女の子の腕とか上手く描けませんでした。まだまだ修行が足りませんね。長い目で見守っていただければと思います。今年もよろしくお願いいたします。

壁掛けカレンダー「午後3時のカレンダー」

遅まきながら来年のカレンダーを作りました。

f:id:fuku-rou:20181229130404j:plain

「午後3時のカレンダー」 セミ光沢紙、210 × 420mm 表紙+本文12枚

9月のグループ展の際に、お客様何人かにご要望をいただいたので、カレンダーを作りました。なんとかクリスマスプレゼントに間にあわせることができて、ほっとしております。実は「午後3時のカレンダー」シリーズの絵を描き始めた昨年の9月は、カレンダーそのものを作るつもりはなかったのですが、12枚揃ったら作りたくなりました。製本を教わった先生がグループ展を見に来てくださって、「作ったら。できるよ」と背中を押してくださったのも大きいです。こうして実物を手にとってみると、これがゴールだったんだなと思います。テーマを決めて、月に一枚ずつじっくり絵を描くのはいいですね。来年も作れるといいな。

以下、作り方の手順を紹介します。なお、私はカッター作業が苦手なため、工程3以降は助っ人に依頼しました。

1.カレンダーの本文を印刷する

f:id:fuku-rou:20181229130516j:plain
絵とカレンダーデータを12ヶ月分レイアウトして、A3セミ光沢紙に印刷します。紙の上部を綴じしろとして、2cmほど空けました。絵の部分は両サイドを1mmぐらいずつ大きめに印刷して、あとで裁ち落とします。カレンダーデータは、ウェブスタジオアラクネさんからダウンロードさせていただきました。ありがとうございます。

2.カレンダーの表紙を印刷します

f:id:fuku-rou:20181229130620j:plain

表紙の絵と文字データをレイアウトして、A3セミ光沢紙に印刷します。紙の上部を綴じしろとして、2cmほど空け、両サイドと下は少し大きめに印刷し、あとで裁ち落とします。絵は、以前作ったクライスターパピア「はな01」を使いました。

3.ミシン目をいれます

f:id:fuku-rou:20181229115527j:plain

上の写真のようなカッターに、位置合わせ用に白い紙で作ったアタリを固定します。

f:id:fuku-rou:20181229124533j:plain

カレンダーの表紙と本文の上部を、1枚ずつ、アタリにぴったりあわせるようにカッターに差し込み、ミシン目を入れます。(同じ白い紙なので、写真ではわかりにくいかと思いますが、定規より左がアタリの紙、右から挿入されているのがカレンダー本文の紙の裏面です。)

4.カレンダーの表紙と本文をたばねます

f:id:fuku-rou:20181229120641j:plain

表紙と本文12枚を重ねてたばね、上部の綴じしろ部分を、ステープルなどで固定します。

5.カレンダーの両サイドを裁ち落とします

f:id:fuku-rou:20181229121308j:plain

表紙と本文12枚の両サイドを、カッターで裁ち落とします。13枚を同時に切るので、紙がずれないように注意します。

6.吊り下げ用の穴をあけます

f:id:fuku-rou:20181229121727j:plain

カレンダーの上部に、吊り下げ用のフックを固定する穴をあけます。

7.吊り下げ部分のカバーを作ります

f:id:fuku-rou:20181229120246j:plain
白い厚紙で、カレンダー上部を覆うカバーを作り、折り目をいれます。

8.カレンダー上部にカバーを貼り付けます

f:id:fuku-rou:20181229122034j:plain

カバーの裏に糊をつけて、カレンダー本体の上部をくるむように固定します。

9.フックを固定します

f:id:fuku-rou:20181229122246j:plain

カバーに切り込みを入れて、フックを差し込み、ボンドで固定します。工程7を省略して、穴あけ機などをつかって、カバーの上から一度に穴を空けるという手もあるかと思います。

作り方の説明は、以上です。

ずっと気になっていたので、これで安心して年を越せそうな気がしてきました。あとは年賀状です!がんばります。今年も大変お世話になりました。みなさま、良いお年を。

消しゴムハンコ「クリスマスツリー」

今年もクリスマスカードを作りました。

f:id:fuku-rou:20181224000134j:plain

「クリスマスツリー」 NTラシャ、消しゴムハンコ/水彩絵具/正麩煮糊 100×148mm

消しゴムハンコに文字などを彫り、水で溶いた正麩煮糊と水彩絵具を紙パレットの上で混ぜてハンコにつけ、黒のNTラシャに刷りました。彫刻刀がうまく扱えず、わかりにくくてすみません。たくさん刷って、比較的きれいにできたものだけ、カードにしました。何枚か、載せます。ここ数年で一番、手抜きだったかも。

f:id:fuku-rou:20181224000918j:plain

f:id:fuku-rou:20181224001050j:plain

f:id:fuku-rou:20181224001227j:plain

f:id:fuku-rou:20181224001126j:plain

水彩画「読んであげる2」

わんこに読み聞かせする絵を大きな紙に描き直しました。

f:id:fuku-rou:20181225183407j:plain
「読んであげる2」 アルシュ、鉛筆/水彩絵具、310 × 410mm

先日、封筒に描いた絵を描き直しました。背景を子供部屋にして、絵本やおもちゃを並べました。子どもの頃、父が作ってくれたおもちゃ入れがこんな感じでした。その頃のおもちゃはもう手元にありませんが、この絵には、今うちにいるぬいぐるみに多数出演してもらいました。生きた猫も一匹まざっていますね。

「午後3時のカレンダー」シリーズの絵の中で、去年描いた11月のお誕生日会の絵を、この絵で差し替える予定です。「読書週間」があるので、お誕生日会よりは読書の方が、11月らしいかなと思ってます。とにかく、はやくカレンダーを作らないと、年が明けてしまいます。

 

封筒「小さなモミの木」

クリスマスの準備をしなくっちゃ。

f:id:fuku-rou:20181209023543j:plain

「小さなモミの木」 MD封筒コットン、コピックマルチライナー/色鉛筆 88×178mm

封筒に簡単な絵を描きました。クリスマスツリーにするもみの木を探しにきたところです。もみの木が雑ですみません!もうちょっと大きく描きなおしたいと思います。

遅ればせながら、絵本を1000冊読む、という目標をたてて図書館で毎日たくさん絵本を借りて読んでいます。図書館って本当に便利ですね!職員のみなさんには大変お世話になっています。素敵な本がたくさんあって、手に取るたびわくわくします。絵がきれいで、キャラクタが魅力的で、落ちが印象的な絵本がいいなぁと思います。「ちいさなモミの木 (作:マーガレット・ワイズ・ブラウン、絵:バーバラ クーニー)」もとってもいい絵本です。私もがんばらなくちゃ。。。

水彩画「公園のベンチ」

久しぶりに外でスケッチしました。

f:id:fuku-rou:20181122090956j:plain

「公園のベンチ」 アルシュ、鉛筆/水彩絵具、360 x 260mm

10月に砧公園でスケッチしました。日によって晴れたり曇ったり、午後になると影が変わったりして、つじつまがあわなくなってしまった点がありますがご容赦下さい。公園で二日ぐらい描いて、続きは撮った写真を見ながら家で描きました。近くと遠くをバランスよく着彩するのが難しく、先生方にアドバイスをいただいて調整しました。ささっと描けるようになりたいものです。

砧公園は大きくて気持ちのよいところでした。晴れた日の昼間は、遠足やお散歩のお子さんがたくさんいて、にぎやかです。この古いベンチも、いろいろな人が座って休んだり、お弁当を食べたり、おしゃべりしたり、わんこが通りかかったり、見た目よりずっと充実した毎日を過ごしているようでした。