ふくろう絵本屋

福井美佳です。私の作品と、絵本や音楽に関する四方山話を掲載します。

アクリル絵具「だいこんにんじんごぼう」

水張りの方法をご紹介します。

f:id:fuku-rou:20161013230503j:plain

「だいこんにんじんごぼう」 ホワイトワトソン、アクリル絵具、364 × 257mm

二年前の春、ほぼはじめてアクリル絵具で描いた絵です。じょじょにしおれていく野菜をみながら、必死にスケッチして着彩したことを思い出します、、、。が、さすがにこれはひどいですね。量感がありません。この絵の特にひどいところは、左上と左下にしわがよっていることです。そう、水張りに失敗して紙にしわがよってしまったんですね。こんなのを先生に見られたら大目玉です。ということで、水張りの方法をご説明します。

1.水張りの準備をする

f:id:fuku-rou:20161013232043j:plain

木製パネル、紙、水、はけ、水張りテープ、タッカーを準備します。紙は、水彩紙のような、水に濡れてもやぶれない丈夫なものがよいでしょう。この紙は厚めのワトソンです。

2.紙を切る

f:id:fuku-rou:20161013232549j:plain

木製パネルの大きさより、上下左右1〜1.5cmぐらいずつ大きく、紙をカットします。今回はB4パネル4枚を水張りするため、四つ切りの紙を四等分しました。

3.紙を濡らす

f:id:fuku-rou:20161013233119j:plain

はけで、紙の裏表をまんべんなく濡らし、木製パネルの上に重ねて、5-10分ほどなじませます。紙を汚さないように、手を洗ってきれいな場所で作業しましょう。

4.タッカーでとめる

f:id:fuku-rou:20161013233552j:plain

紙の表面が水で光らない程度に乾いたら、タッカーで木製パネルにとめます。乾きすぎると紙がのびません。紙全体がしっとりして柔らかい状態でタッカーを使うのがこつです。上下左右の空きが均等になるように、慎重に位置合わせをします。長い辺のまん中を、上下それぞれ一カ所ずつ、タッカーでとめます。紙にしわがよらないようにのばしながら、少しひっぱってとめましょう。力を入れすぎると破れるので気をつけてください。

f:id:fuku-rou:20161013234544j:plain

次に、短い辺のまん中を一カ所ずつタッカーでとめます。

f:id:fuku-rou:20161013234824j:plain

紙が浮いているところは、タッカーでとめて安定させます。今回は、長い辺は3カ所タッカーでとめます。必ず、対面の辺の同じ箇所をとめるようにしましょう。

f:id:fuku-rou:20161013235009j:plain

角を折り込んで、タッカーでとめます。角がしわになりやすいので要注意!ただ、濡れているうちにしわがあっても、乾くとだいたいしわはのびます。

5.水張りテープを貼る

f:id:fuku-rou:20161120072948j:plain

パネルの縦横より少し長めに、縦2本、横2本の水張りテープを切ります。はけで、水張りテープの裏を水で濡らします。刷毛を濡らして、上の写真のように、水張りテープの裏の端にあてます。

f:id:fuku-rou:20161120073035j:plain

裏から見るとこんな感じに、右手の人さし指と中指に水張りテープをはさみ、右手の親指と人さし指で刷毛を持ちます。左手で水張りテープの端をもって、刷毛の穂先を水張りテープにあてます。

f:id:fuku-rou:20161120073256j:plain

左手でテープをするするっとひっぱると、きれいに濡らすことができます。

f:id:fuku-rou:20161013235712j:plain

 パネルを机の端におき、手前から水張りテープを貼ります。左右の余った部分は、隣の辺に折り込んではります。

f:id:fuku-rou:20161013235935j:plain

水張りテープの幅が余った分は、パネルの裏に折り込みます。絵を正面から見た時に水張りテープが見えないように、少しだけ隙間をあけてはるとよいかもしれません。これはしわがよってしまいましたが、パネルごと展示するなら、しわがないように貼った方がよいようです。

f:id:fuku-rou:20161014000435j:plain

上下左右の水張りテープを全部貼って、裏からみたところです。展示のときに裏は見えませんが、裏まできれいに張れるといいですよね、、、。まだまだです。

f:id:fuku-rou:20161014000737j:plain

正面からみたところです。このまま一晩乾かすと、紙がぴんとはってしわがなくなります。

最初は失敗つづきでしたが、2年半で水張りの成功率があがりました。木製パネルは軽くて運びやすく描きやすいし、水彩やアクリル絵具で絵を描くときに、紙が水で変形してうねうねするのが防げます。大きなサイズの絵を描くときも、水張りが役に立つなと思っています。