ふくろう絵本屋

福井美佳です。私の作品を紹介します。

自費出版「ALPHABET PARADE」折り本・クロス装 A5判

本文の印刷と折り加工を青葉印刷株式会社さんにお願いし、表紙は自作いたします。

f:id:fuku-rou:20180103031021j:plain

「ALPHABET PARADE」折り本・クロス装 A5判 表面30頁、裏面28頁

上の写真の手前が本文のみで、奥が表紙をつけたものです。

本文のみ:

f:id:fuku-rou:20180103102453j:plain

表紙:

f:id:fuku-rou:20180103102507j:plain

全体:

f:id:fuku-rou:20180103103032j:plain

昨年3月に手製本で作ったのですが、欲しいとおっしゃる方がいたので、思い切って自費出版することにしました。青葉印刷さんに相談したところ、本文200部の印刷・加工を引き受けてくださいました。自分だと印刷にも時間がかかり、蛇腹折りも難しかったので、プロにおまかせできて本当に助かりました。いろいろ工夫しながら何度も試作してくださって、ありがとうございます。表紙は自分でちまちま作って貼り合わせています。タイトルは消しゴムハンコで作りました。お待たせしている方には、今月中頃ぐらいにはお手元にお届けできるかと思います。みなさま、本当にありがとうございます。

手製本バージョンと自費出版バージョンの主な違いは、以下の2点です。

  • 自費出版は、オフセット印刷で両面カラーです。それぞれのアルファベットの頁の裏に、動物と楽器に関する短い解説を載せました。裏面には世界地図を載せ、絵の背景になっている動物の生息地がわかるようにしました。下の写真にあるように、裏面は右から左にABC、表面は左から右にABCと並んでいます。表面と裏面の動物の絵は、別に描いたものなので、色や形が若干違います。

f:id:fuku-rou:20180103031132j:plain

f:id:fuku-rou:20180103031923j:plain

  • 自費出版は、本の厚みが2.3cm程度になりました。手製本の時は、学校の大型プリンタで画材用紙ロールの片面に印刷して、10頁ごとに貼り合わせましたが、自費出版は、ヴァンヌーボV菊判121.5kgというやや厚い紙に両面印刷して、4頁ごとに貼り合わせました。以下の写真のBとCの間に、5mm程度の貼り合わせがあるのがわかりますでしょうか。紙の厚みに加えて、貼り合わせが3回から7回に増えたので、本全体が厚くなりました。ヴァンヌーボは空気を多く含んだふわっとした手触りの紙で、厚みの割には、手に取ると軽やかな印象です。

f:id:fuku-rou:20180103031849j:plain

参考までに、昨年3月に手製本した時の手順は、以下の記事にあります。表紙の作り方も以下に載せました。

装丁「ALPHABET PARADE」折り本・クロス装 A5判 - ふくろう絵本屋