ふくろう絵本屋

福井美佳です。私の作品と、絵本や音楽に関する四方山話を掲載します。

水彩画「conductor」

電車で見かけた方をモデルにしました。

f:id:fuku-rou:20161110224039j:plain

「conductor」 ホワイトワトソン、水性ペン/ 水彩絵具、100 x 148mm

引退した指揮者で、音の森のどこかに住んでいます。ピアノの調律もできるようなので、いつか「ぴあのまま」の音が全部出るように修理してくれると思います。指揮者の人って、演奏中はエネルギッシュだけど、こんなふうに、うちでスコアをみながら熟考することもあるかなと思っています。電車の中でときどき描きたくなる人を見かけます。ふだんは記憶の中に焼き付けるようにしていますが、このときは、がまんできずについスケッチしてしまいました。ごめんなさい!

今日は、吉祥寺で絵本作家による展示会を2つみてきました。ひとつは、吉祥寺美術館の「デビュー20周年記念 どいかや展 チリとチリリ」、もうひとつは、にじ画廊さんの「Paper Crown 小さなお話展 きたかぜふいてきたら」です。色もきれいで、形もおもしろく、画面のすみずみまで細やかな配慮がいきとどいていて、とにかく元気になる絵が並んでいました。なんとか少しでも吸収しようと、すみからすみまでじっと〜〜とみてきました。みなさん、絵本の勉強をはじめたころから、個性的ですばらしい絵を描いてらしたと思うのですが、なんといっても、長く続けてらっしゃるのがすごいなと思います。私も20年つづけられたらいいな!詳しくは、以下をご覧になってください。

デビュー20周年記念 どいかや展 チリとチリリ | 武蔵野市立吉祥寺美術館

にじ画廊infomation